何故サロンに行く以前に体の仕組みを知らなければいけないのか?

今、女性から注目を集めている脱毛サロン。

 

めんどくさいムダ毛ケアを毎日それをしなくて良いということで、今大人気の美容法。

 

そうなのですが、人気集中の光脱毛ですが少し待ってみて。

 

これを読まれる皆様は自分自身の毛の仕組み・構造をわかっていますか?

 

脱毛サロンに行く!その前にまず毛の仕組みをわかっているのは大きな事です。

 

自分の体毛につて知っているか知らないかどちらかで脱毛しにサロンに行った時も聞いておきたいことをしぼりやすくなります。

 

といっても自分の体毛について知っててサロンを選んでいる人はそんなにはいないようです。

 

このような理由から、このページでは皆さんの体にある毛がどんなものなのか説明します。

 

 

毛根部って何?

まず、体毛がどのような仕組みをもっているか紹介するね。

 

みなさんに悩ませてるムダ毛お肌の部分から見えてるところを「毛幹」見えてない奥深くにあるところを「毛根」って呼びます。

 

もっと深く毛根のねっこ、毛根部の丸いところを「毛球」と名付けられており先には「毛乳頭」と呼ばれる部分があります。

 

この奥毛乳頭は毛細血管があって栄養分を吸収して体毛を伸ばしてる働きをしています。

 

だから、体の毛が成長するには体の毛の中でももっと言うと一番深くにある毛乳頭と呼ばれる毛球の先っぽにある部分が大切な役目をもっています。

 

そのような理由で剃刀をつかって見えてる部分をきれいにしてもこの毛乳頭の部分があったら毛は成長します。

 

さらにいうと毛乳頭のパーツは毛母細胞が生成しています。

 

そのため、毛抜きを使った抜毛することで毛乳頭がなくなっても

 

毛母細胞というところがのこっちゃうと毛乳頭がすぐに作られ、そこの部分からまたしても毛が生えてしまうのです。

 

 

毛が生えてくるメカニズムとサイクル

体毛は長くなる、抜けるさらに時間を置いてまた生えてくるをぐるっと繰り返しています。

 

毛が伸びる時期になると毛細血管を通って毛乳頭に向かい栄養分が運ばれて毛母細胞の場所にまで行きます。

 

そこで毛母細胞にある細胞の分裂がどんどん分裂して毛球が作られちゃうんだ。

 

そうして、今度は毛母細胞の部分がどんどん別れてとうとう毛として見えちゃうとこまで次々伸びていくのですね。

 

丁寧に言うと体毛が長くなる速さは部分によって違いがでてきます。

 

頭に生える髪の毛は速く伸びて1日で0.3mm前後長くなります。

 

また、脇に生えている毛も意外と成長スピードは速く、1日で0.3mmも成長するのです。

 

次に、まつ毛と眉毛は成長スピードが落ち、24時間で0.18mmほどです。

 

と説明したようにひとくちに体毛といっても、その成長スピードは全然異なります。

 

 

毛周期ってどんなもの?

次に上で述べた毛周期とは何か簡単にですが細かいところをお話しします。

 

最初の所で長くなる、抜けるまた成長してくるを繰り返すとご紹介しました。

 

丁寧に言うと体毛には休み・伸びる・抜けるといった新しく生えるための期間が3つ存在しています。

 

休止期の毛は私たちの肌の奥毛が出てくるための休みの期間です。

 

成長期で必要な栄養素を使ってしっかり伸びる時です。

 

退行期になると毛乳頭と体毛が接続部分が弱まって抜けていく期間です。

 

というわけで、成長する時期の毛を抜いてみてもお肌の下のわからないところにはここから今度伸びる毛があります。

 

だから、手間をかけて抜いたと思っても周期になると毛が成長してきてくるんです。

 

ついでに言うと皮膚から表に見える毛は全体の約3分の1でしかないというデータがあります。

 

さらに知って欲しいのは毛のサイクルは毛が生える場所ごとにいろいろ変わります。

 

我々の体でかなり毛周期がまでが長いのが毛髪で伸びる時は4年くらいです。

 

抜ける時がくると何もしなくても抜け落ちていきます。また、毛髪は50本くらいが1日のうちに落ちるとされています。

 

プラスして顔と体の毛を比較すると顔から生えている毛が落ちるまでの方が短いのも特徴。

 

顔面部分の体毛が2ヶ月くらいだって。身体部分の毛のその多くの毛周期が3カ月と言われています。

 

そのような理由から全身の毛を一度に処理しても顔面に生える毛が早く長くなるのです。

 

 

毛ってなんで生えてるの?

ムダ毛と呼称されてますが、実は、そのムダ毛にもちゃんと役割を担っています。

 

その目的をお話します。

 

私たちの毛は1.皮膚の保護機能2.保温・断熱機能3.感覚機能4.紫外線防止機能と言った4つの役目を担っています。

 

まず、皮膚の保護機能
危険な物理接触から肌を防護する役目をです。

 

たとえていうならば頭部は髪の毛が脇毛はこすれてしまうことから守ってといったことです。

 

次に、保温・断熱機能です。
寒い時は寒さから身を守るための保温機能、その上日光からの暑さを防ぐ断熱機能のことを指します。

 

さらに、感覚機能です。
日常は意識しないくらいですが体毛には触覚を感知する目的があります。

 

毛がないと感知機能がちょっとではありますが弱くなるという報告もあります。

 

最後に、紫外線防止機能です。
体毛には、紫外線から防ぐ目的もあります。

 

まとめたようにムダとは言っていてもちゃんと意義があります。

 

 

お店選びも知識を持って

いかがでしたか?

 

毛がどのようになっているのかそのムダ毛の仕組みについて知ってもらえましたか?

 

体毛の仕組み・構造のきちんとした理解があれば光脱毛のサイクルを考えやすくなります。

 

お店を選ぶときに重要な助けになること間違いナシです!

関連ページ

自己処理の限界!脱毛サロンが選ばれる理由とは?
自己処理の限界!脱毛サロンが選ばれる理由とは?いま流行りの脱毛サロンは費用が掛かるなどのデメリットがありますが、自己処理が不要・肌自体もキレイになる・美的意識が強くなるなど多くのメリットもあります。デメリットに比べメリットの方が大きいので、これから脱毛専門店で施術をお考えの方は是非ご覧ください。
どうして脱毛サロンは何回も通うの?
どうして脱毛サロンは何回も通うの?主な原因は毛周期が大きく関係しているのです。さらに、脱毛サロンによって施術回数は違い、施術するマシンの性能や効果が脱毛サロンごとに違うからです。脱毛専門サロンに複数回通うには理由があるのか内容が分からない方は是非参考にご覧ください。